みえラジ796 (2020年9月)

2020年9月23日(水) 魚光丸

熱海市上多賀にリニューアルオープンした魚光丸さんに行ってきましたよ♪

 
魚光丸さんはもともと網元、つまり漁師さん。
今のご主人・石井亜図夢さんは三代目で、
三代にわたって50年以上熱海の海に出ていると言います。
 

 
それにしては新しい内装…と思ったら、
8月1日に寿司・総菜を売る店舗として開店したばかりなんだそうです。
 

 
例えば、今日の地モノ。
サバの煮つけ、ヒジキの煮物、小アジのマリネなどなど。
獲ってきたばかりの魚をすぐに調理するから新鮮そのもの!
しかもお安い!小分けになっているから食卓にそのまま出せます。

 
そして、イチオシは石井さんの寿司。
特に地アジの寿司は絶品ということでしたが…今日は無い!
それもそのはず、台風が近づいていて漁に出られなかったんです。
そのあたりも、地モノにこだわっている証拠ですね。

 
もし新型コロナウイルスが蔓延していなかったら、
総菜をすぐに食べることができるスペースを造りたかったとのこと。
今後、イートインスペースができれば、
ますます地域のみなさんが集まる場所になりそうです。
 
ご飯と味噌汁、ビールも売っているので酒の肴、
どっちもいいなあ~♪
 
魚光丸
熱海市上多賀225-4
0557-68-0708
午前11:00~午後6:00(日曜定休)

2020年9月17日(木) ぽらりす

宮上交差点のすぐ下にニューオープン!
赤いひさしが目印のパン屋さん・ポラリスさんに行ってきましたよ♪



てづくりパンがウリの小さなパン屋さん。
期待が膨らみます。



お話をうかがったのは店主の並木つやさん。
7月11日にオープンしたばかりというぽらりすさんですが、
中継の前後にはひっきりなしにお客さんが入ってきました。



ポラリス=北極星。
ずっとそこにあるようにという願いを込めて名付けられました。

パンはどれも国産小麦と天然酵母で作られています。
中身も並木さんの手づくりで、本当に優しい味わいです。



秋ということで、今日はかぼちゃと小豆のパンをいただきました。
かぼちゃのペーストの中に形が残ったままの小豆がゴロゴロ。本当においしい!
価格も100円台や200円台がほとんどですから、毎日でも食べたくなります。





食欲の秋、ぽらりすさんのパンはいかがでしょうか?

ぽらりす
湯河原町土肥6-11-2
070-1497-4917
午前11:00~
木・金・土・日営業

2020年9月16日(水) みのる亭

熱海市海光町にある老舗洋食店、みのる亭さんに行ってきましたよ♪
熱海サニーハイツというマンションの1Fに店舗があります。
もちろん、私たちも利用することができます。



ちゃんと看板もありました。



店内の様子はこんな感じ。
イス・ソファ合わせて40席以上。
広々とした店内ですね。



窓際のソファ席は特等席!
相模湾を見下ろす感覚ですね。



お話をうかがったのは、鈴木委代(すずきともよ)さん。
昭和34年創業のみのる亭さんは、これまで変わらぬ味を守り続けてきました。
その肝となるのは、手づくりであるということ。
料理そのものはもちろん、ソースやドレッシングなどすべて手づくり。
それがファンをつかんで離さない魅力のひとつなんだそうです。

例えばこちらはランチ限定のサラダライス。



大きな豚の生姜焼き、その下にはさっぱりドレッシングのサラダ。
中継でいただきましたが…肉→野菜→ご飯の無限ループから抜け出せません!
しっかりこってりの豚肉と、さわやかな風味のサラダ、
すべてが手づくりだからこそ、お皿の中でひとつの料理として完成するんですね。



こちらはその名も大人のお子様ランチ!
ネーミングが最高です!
みのる亭が誇るメニューを少しずついただくことができる人気商品です。

新型コロナウイルスの影響もありましたが、
もともとみのる亭さんは出前をやっていましたから、
そのあたりもこれまでの経験をいかすことができたとのこと。

伝統と革新、まさにそれを体現しているみのる亭さんでした。

みのる亭
熱海市海光町7-17
0557-86-6767
午前11:30~午後2:00
午後5:00~午後8:00
土日祝+:午前8:30~午前10:00
月曜定休(月に1回火曜不定休)

2020年9月10日(木) 十二庵

移転してリニューアルオープン!
湯河原町が誇る豆腐の名店・十二庵さんに行ってきましたよ♪
場所は宮上交差点、この建物はもともとコンビニでしたね。



真新しい暖簾が風に揺れています。



入店してすぐ左には物販スペース。



表参道か自由が丘にありそうなオシャレな雰囲気!
豆腐屋さんとは思えません。



賞を取った青大豆とうふや、



僕の大好きなどうなつなどもこれまでどおり購入することができます。



右側を見てみるとカフェスペースが広がっています。約20席。
何をいただくことができるかというと…



豆腐屋さんでしか味わうことのできない、できたて料理の数々!



こちらはその名も「なりかけとうふ」。木綿豆腐になる前のものです。
それが冷汁仕立てになっていて、クリーミーな豆乳スープのよう。
まだまだ暑い日が続きますから、さっぱりしていておいしい!
小鉢にはおからや大豆など、まさに豆腐づくし!

店主の浅沼さんいわく、リニューアルと新型コロナウイルスがぶつかってしまい、
今年はここまで本当に大変だったそう。
告知もままならない中で、たくさんの方にいらしていただき、
本当に感謝していますとのことでした。

熱海・湯河原に住んでいるなら、一度は食べておきたい十二庵の豆腐。
唯一無二、オンリーワンの味をお楽しみください!

十二庵
湯河原町宮上42-17
0465-43-7750
物販:午前9:00~午後6:00
ランチ:午前10:00~午後2:00
カフェ:午後2:00~午後4:30
水曜定休

2020年9月9日(水) 有限会社ヤマザキ

熱海市下多賀の住宅街にある有限会社ヤマザキさんに行ってきましたよ♪

 
お話をうかがったのは、代表取締役・山崎照雄さん。
22歳のときに起業し、なんと今年で50年!
高校卒業後に勤めた会社の熱海営業所にいたことがきっかけで、
それから熱海を拠点にお仕事しているそうです。
 
当時は熱海観光が花盛り。
おみやげものが飛ぶように売れたそう。
そこに目をつけ、おみやげ雑貨の製造を始めました。

 
今は海外からの観光客向けのおみやげが人気で、
パンフレットを作成し、東京のギフトショーなどにも出店しているそうです。
舞妓さんやお相撲さんのマグネットが特によく売れるんだとか。

 
「新型コロナウィルスで大変なんじゃないですか?」とうかがうと、
「コロナを味方につけるくらいの勢いで商品開発をしています」との答え。
なんという発想…
 
チャンスは一日何度も訪れる。
常にしっかり準備していて、それをいかせるかどうかが問題。
 
山崎さんの言葉には含蓄がありました。
 
有限会社ヤマザキ
熱海市下多賀1553-60
0557-68-1748

2020年9月3日(木) おうちパン教室 lilyぱん

湯河原町宮上にあるおうちパン教室・lilyぱんさんに行ってきましたよ。
お話をうかがったのは井上悠梨子さん。
ステキなおうちパンを焼いて待っていてくださいました。



井上さんはご自身にお子さんが生まれたのをきっかけに、
お母さんたちや子供たちが気軽に集まれる場所を作りたいと考え、
この教室を作りました。

6月にオープンしたばかりで、インスタグラムでのみの広報ですが、
評判が評判を呼び、多くの方々に喜ばれているそうです。

今日のメニューはフォカッチャ・ミルクスティック・シナモンスティック。
こんなの家で焼けるの?と思ったら、そこがおうちパンの腕の見せどころ。
安心安全な素材、少ない道具、簡単な工程で作れるのが最大の魅力なんです。

いただいてみると、味は本格的!
家族のためにこんなパンを焼くことができたらいいですね。



昨日、ようやくチラシができあがったということで、
これからますます大注目のおうちパン教室 lilyぱんさんでした。

https://www.instagram.com/lily_konekone/

2020年9月2日(水) 松煌古流 大澤一煌先生

熱海市泉にある松煌古流(しょうこうこりゅう)
大澤一煌(おおさわいっこう)先生の華道教室に行ってきましたよ♪
ステキなお花が出迎えてくれました。



大澤先生は華道教室の先生として活動するかたわら、
地域での活動にも力を入れています。
特に、泉小中学校での体験教室は好評で、作品を卒業式に飾るんだとか。
話を聞いただけでも思わず「ステキ~」と声が漏れてしまいました。

思い出深い活動としては、米軍の方々を相手に教室を開催したことだそうで、
日本の心がアメリカの方々にも伝わったと感じたそうです。



大澤先生は古くからある方法を継承することはもちろん、
新しい華道にも挑戦しています。
上の写真は「くつわ」をあしらった作品。
現代アートのようで、じっくり見つめたくなります。



子供向け、初心者向け、フラワーアレンジメントなど、
さまざまな角度から華道の素晴らしさを伝え続けている大澤先生。
もっともっとお花に興味を持ってもらいたいとお話しされていました。

松煌古流 大澤一煌の教室
熱海市泉276-140
0465-20-7820